バイアクグラの副作用で血圧や心臓は?!併用禁忌薬や服用注意点など!シニア薬局

バイアクグラの副作用で血圧や心臓は?!併用禁忌薬や服用注意点など!シニア薬局

日本でもED(いんぽてんす)患者は1100万以上と言われていて、自分でも知らないうちにEDになってしまっていたり、ED気味なんて人も含めたらその数は2000万とも言われている。
その中でも患者として病院やクリニックへ行けてる人はわずか10%なんだとか。
それ以外の人は女性を満足させられずに、悩みをかかえているんだそう。
そんな方の為にバイアクグラは存在するのだが入手するのにも本物なのか、副作用は大丈夫なのかなどの相談が当サイトでは後をたたない。
そこで今回はバイアクグラについて、副作用を誤解されてる方もいらっしゃると思いますので掲載させて頂こうと思います。
(バイアクグラと表記していますが、正式な名称はバイアグラが一般的です。)

副作用で多い頭痛や火照り、目まい?

副作用といってもバイアクグラそのものの主成分がシルデナフィルクエン酸塩で製造されているのでその意味を理解しましょう。
シルデナフィルクエン酸塩は血管を拡張させ血流を良くする効果があります。
血管が拡張されるという事は血圧が低下します。
広がるので間違いありません。

それに伴い、代償として一部の方に副作用が表れます。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • ほてり

顔のほてりや潮紅(ちょうこう)、頭痛などが主な症状ですが急激な血管の拡張作用により神経がびっくりして起きる副作用がほとんどです
代表的なものですが服用者のうち10%未満です。
ごくまれに表れたり、気分と体調によって表れなかったりもするので量の調整しながら服用するのが良いでしょう。(半分で割って飲むなど必要最小限度にとどめる事も重要です。)

バイアクグラの副作用で心臓の血圧は?

先ほどもお伝えしましたがバイアクグラは血管を広げるお薬です。
広げるので血圧が2~3ほど低下します。
皆さんのイメージとしては
血圧が上がるので、心臓に危険!」
と思われてる方もいらっしゃると思いますが、大きな間違いでございます!
バイアクグラは狭心症(きょうしんしょう)のお薬として研究が進められていたお薬です。
成分がシルデナフィルですね。
(シルデナフィルは国の難病指定「肺動脈性肺高血圧症」の治療薬として別名レバチオで認可されています。)
ゆえに狭心症の一部の方が飲んでいるニトログリセリン系硝酸剤との併用は同時に血圧を下げ過ぎてしまうので要注意となっているのです。

本来ですと、バイアクグラは動脈硬化(どうみゃくこうか)や2型糖尿病(とうにょうびょう)、高脂血症(こうしけつしょう)に高血圧などの血管関連に効果が良いとされています。
バイアクグラを服用するとシルデナフィルの効果で中高年の加齢により固まった毛細血管に再び血液が流れ込み、血液循環が改善されると言われている為です。
(心不全のリスク低下にも良いとされる研究発表が2017年4月6日コロンビアDCにてスウェーデンの大学教授よりありました。)

そうなんです。心臓に負担を掛けるのではなく心臓に良いお薬なのです!
そもそも狭心症の方が心臓に負担をかけるセックスをして良いかどうかは掛かり付けの医師にご相談しなければなりません。
血圧と脈拍(みゃくはく)が上がるのでセックス行為自体に注意が必要です。

バイアグラのカテゴリはこちらから

バイアクグラの副作用で眼が変に?

バイアクグラの副作用で眼がチカチカしたり視覚障害を起こされる方がごく稀に見られます。
これはPDE5(5型ホスホジエステラーゼ)を阻害する事によるcGMPの増大、血管を拡張するのですが海綿体以外の全身の血管へ作用してしまうので結膜の充血や、火照りに繋がります。(網膜の錐体細胞はPDE6が多い)
バイアクグラはPDE5だけでなくPDE1~PDE11まで副作用が及ぶ事が10%くらいあると言われています。

副作用で青に見える!?

上記の事から青視感や羞明感がある方も中にはいらっしゃると思います。
服用後、運転などで気になる方はレビトラやシアリスなどをお薦め致します。
シアリスはPDE6への副作用の確率が0.5%まで減少しています。

バイアクグラの副作用で腎臓?下痢?禿げる?

頭痛や火照り以外にも、一部の方に下記のような副作用の不安がございましたので掲載させて頂きました。

副作用で腎への影響は?

バイアクグラの副作用による腎臓などへの影響はほとんどございません。
むしろ慢性腎臓病などの腎に障害を持っている方がバイアクグラを服用して良いのかという質問に対してお答え致します。

腎不全などの病状を抱えていると血液中の成分バランスが崩れるのでバイアクグラの作用が強かったり長引いたりする事がありますが服用自体は可能です。
透析や腎移植を行った方も併用禁忌となっておりません。
主治医と相談の上、少量で試しながら確認し服用するようにしましょう。
注意して頂きたいのはバイアクグラとシアリスは可能ですが、レビトラだけは透析や重度の腎障害の方は併用禁忌となっています。

副作用で下痢が酷い?

バイアクグラで下痢になる事はファイザー製薬の臨床試験結果からの報告はありません。
ジェネリック医薬品なども同上です。
慢性による下痢で酷くなっているだけで体調によるものではないか、
又は正規品業者から通販で購入しているかなどご確認下さい。

副作用で禿げる可能性は?

これは都市伝説的なお話しで、
バイアクグラ服用者=エロい人=禿げ
みたいなもので因果関係はありません。

たしかに男性ホルモンが強い人は体毛が濃く髪の毛が薄くなるようなイメージはありますがバイアクグラ服用とは全くもって関係がありません。
副作用で禿げる心配というよりは血管拡張による血流改善で頭皮の血行も良くなると考えた方が良いのかと思います。

バイアクグラ併用禁忌商品名一覧表

バイアクグラは血圧が低下するので、同じ血圧を低下させるお薬、ニトログリセリン系硝酸剤との併用だけは不可なのですね。
絶対に併用しないで下さい。
ここだけは覚えておきましょう。
ニトログリセリン系硝酸剤を服用している方は、狭心症の方が多いのでそもそもセックスが問題ないか医師とご相談した方が良いかと思います。

昭和の時代はそれらの併用を知らずに服用し、事故で亡くなる方が多かったです。
なのでバイアクグラは危険との口コミが広がってしまったのですね。
まだインターネットがない時代ですから仕方ありません。

しかし情報社会となった今では、医療の研究結果を最先端で入手可能となり、個人輸入代行業者が台頭する現在は、インターネットなどで通販出来る時代になりました。

ここからはバイアクグラの併用禁忌お薬の一覧表になります。

塩酸アミオダロン製剤の商品名一覧

  • アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」
  • アンカロン錠100
  • アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」

硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)の商品名一覧

  • アイスラール錠20mg
  • ニトルビン錠5
  • アイトロール錠10mg/20mg
  • ニトロールRカプセル20mg
  • アイロクール錠20
  • ニトロール錠/ニトロール錠5mg
  • 亜硝酸アミル
  • ニトロールスプレー
  • アパティアテープ
  • ニトロール持続静注25mgシリンジ
  • アンタップ/R
  • ニトロール注5mg/50mg/100mg/5mgシリンジ
  • イソコロナールRカプセル
  • ニトロール注バッグ50mg/100mg
  • イソニトール錠20
  • ニトログリセリン舌下錠0.3mg[NK]
  • イソピット
  • ニトログリセリン注25mg[HK]/50mg[HK]
  • イソモニット錠20mg
  • ニトロダームTTS
  • エスタット錠5mg
  • ニトロバイド錠5mg
  • L-オーネスゲン錠
  • ニトロペン舌下錠0.3mg
  • カリアントSRカプセル20mg
  • ニプラジロールPF点眼液0.25%「日点」※
  • 冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL
  • ニプラジロール点眼液0.25%「TOA」※
  • コバインター錠5mg
  • ニプラジロール点眼液0.25%「サワイ」※
  • コンスピット錠
  • ニプラジロール点眼液0.25%「ニッテン」※
  • サークレス注0.05%/0.1%
  • ニプラジロール点眼液0.25%「わかもと」※
  • サワドールL錠
  • ニプラノール点眼液0.25% ※
  • サワドールテープ40mg
  • ハイパジールコーワ錠3/錠6
  • ジアセラL錠/シアセラL錠20mg
  • ハイパジールコーワ点眼液0.25% ※
  • シグマート錠2.5mg/5mg
  • バソレーター注5mg/注50mg
  • シグマート注2mg/12mg/48mg
  • バソレーターテープ27mg
  • シグランコート錠2.5mg/5mg
  • バンソレータ軟膏
  • ジドレンテープ
  • バンリール錠20mg
  • シベラント錠5mg
  • フランドル錠20mg
  • 硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)
  • フランドルテープ40mg
  • 硝酸イソソルビドテープ[EMEC]
  • ヘルピニン-Rカプセル
  • シルビノール錠5mg
  • ミオコールスプレー0.3mg
  • ステンベルガー錠5mg
  • ミオコール注5mg/50mg
  • ソプレロール錠20mg
  • ミニトロテープ27mg
  • タイシロール錠20mg
  • ミリステープ5mg
  • ニコランジス錠2.5mg/5mg
  • ミリスロール注1mg/2mL
  • ニコランジル点滴静注用2mg「サワイ」
  • ミリスロール注5mg/10mL
  • ニコランジル点滴静注用12mg「サワイ」
  • ミリスロール注25mg/50mL
  • ニコランジル点滴静注用48mg「サワイ」
  • ミリスロール注50mg/100mL
  • ニコランタ錠5
  • メディトランステープ27mg
  • ニコランマート錠/ニコランマート錠5mg
  • リファタックL錠
  • ニトプロ持続静注液6mg/30mg
  • リファタックテープ40mg
  • ニトプロ注2mL/10mL
  • リベラステープ
  • ニトラステープ/ニトラステープ40mg

※ニプラジロール点眼液、二プラノール点眼液およびハイパジールコーワ点眼液の添付文書では、併用禁忌になっておりませんが、念のため記載しました。

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬の商品名

  • アデムパス錠1mg/5mg/25mg

服用する際の注意点

バイアクグラの飲み方としましては空腹時が効果的とされていて30分ほどで効能が表れます。
もしお食事をする場合は、やはり食前の30分ほど前から飲み始めましょう。
吸収させた後なら食事しても問題ありません。
もし食事後に服用するのであれば、120分ほどは空けたほうが効果が半減せずに済みます。
アルコールなども適度な量はまったく問題ありません。
むしろお酒はムーディーになり、緊張から解放する飲み物なので併用した方が良いでしょう。(私も大好きです)
ただしお酒が過剰な量ですと効果が弱まったり、逆にアルコールが強く表れたりするので注意して下さい。
適材適所という言葉があるのですが場面や状況に応じてバイアクグラの量を調整するのも大切です。
食後だったので75mgにしたり、お酒を飲み過ぎているので100mgにしたり、うまく使い分けるのが重要です。
もちろん個人差もありますが。
25mgで問題ない方は実に経済的です。

如何でしたでしょうか。
バイアクグラは発売されてから随分と年月が経ちましたが過去の危険というイメージを払拭(ふっしょく)し、今でも不動の人気を誇ります。
(私は効果も変わらないジェネリック医薬品のカマグラゴールドを服用していますが。)

購入の解説などはこちらのED薬ストアで閲覧できます!

ご閲覧頂きありがとうございました。
各ボタンからリンクしているED薬ストアでも詳しく解説しています。


著者プロフィール写真

高橋 優一 医療コンサルタント

著者プロフィール

ED治療薬やジェネリックの通販はシニア薬局
運営責任者:高橋 優一

医療コンサルタントに携わる、個人事業主の40歳。

近年、中高年の方が多くのストレスを抱えている事もあり、ED(インポテンツ)やAGA(男性型脱毛症)の発症が著しいように思う。

私自身が同じ悩みを抱えていたものとして、その治療法や解決に少しでもお役に立てたらとサイトを立ち上げました。

初心者の方でも分かりやすく巷で噂の治療薬や最新の医療をお伝えしていけたらと思います。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(28 投票, 評価平均値: 4.86)
Loading...
5段階評価になります。

« »

『バイアクグラの副作用で血圧や心臓は?!併用禁忌薬や服用注意点など!シニア薬局』への口コミ・体験談

  1. 名前:松島 :
    投稿日:2017/04/07(金) 18:56:55

    血圧の薬を飲んでいますが、バイアクグラも問題なく服用しています。

  2. 名前:竹内 :
    投稿日:2016/11/24(木) 21:18:07

    血圧を下げる薬だったですね。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。