バイアクグラのED通販の販売!ジェネリックもランキングで紹介!

バイアクグラのED通販の販売!ジェネリックもランキングで紹介!

今回は、皆様がご存じのバイアクグラについて、通販での購入方法やジェネリックをランキング形式で紹介していきます。
バイアクグラとは?、日本のクリニック店と通販の違い、販売先を知りたいが偽物は嫌だ、正規品を通販で購入したい、ジェネリックはどんなのがあるかなどをテーマに見ていきましょう。

バイアクグラとは?

バイアクグラは製薬会社の最大手ファイザー㈱が開発したED治療薬ですね。
バイアグラ、バイアクラ、バイヤグラとも呼ばれますが日本表記だとバイアグラが正式名称です。
(打ち間違いで検索結果を閲覧される方が多いのでこのページではバイアクグラと表記しています。)

男性の勃起不全や射精障害の治療が出来るお薬で、世界中の中高年のセックス生活を劇的に改善させた事は言うまでもない。
ペニスが勃つと言うのは、間接的に言えば女性からしても嬉しい限りでしょう。
満足がいかないセックスをするよりも、より良いセックスをしてストレスを解消させれば健康体にも近づけるはずです。

バイアクグラで男性も女性も健康体へ

バイアクグラは全身の血流を良くすることで、ペニスの海綿体の毛細血管にまで血液が流れ込みその効果を発揮します。

バイアグラの詳しい効果はこちら

副作用を知りたい方はこちらへ

バイアクグラを開発したファイザーの過去を知りましょう。

ファイザーの歴史を知ろう!

ファイザーはアメリカのニューヨークに本社を構えるマンモス企業です。
歴史は古く、160年以上も前から医薬品開発や製造を行っています。
あの南北戦争時代の北軍に多くの医薬品を供給していた事でも知られています。
日本企業との関係としては、1950年代に田辺三菱製薬との提携や協力を繰り返し台糖ファイザーを設立したのが始まりです。

抗生物質テラマイシンや抗炎症剤フェルデンを開発して売り上げを伸ばし、製薬会社を次々と買収。
「ファイザーモデル」と呼ばれる先発医薬品開発の会社ごと買収し収入を増やす事でアメリカのトップ企業へ。
ダウ平均の構成銘柄に名を連ねており、リーマンブラザーズのように急に破綻する事はないほど安定している。

ファイザーが建設中の本社ビルの完成予想図

1990年に勃起不全のED治療薬バイアクグラを開発し世界最大の製薬会社に成長する。
ファイザーの日本法人は60年を迎え今現在は東京の新宿文化クイントビルの主要テナントとして構えており子会社も数多く存在している。

これらの事からもファイザーは製薬、医薬品ともに製造や販売の過程で抜群の知名度と存在感がある事は言うまでもない。

バイアクグラは信用性のある大手製薬会社が開発した医薬品なのでEDでお困りなら是非服用をおすすめしたい所です。

バイアクグラの歴史と日本

元々は狭心症のお薬として研究されていた成分のシルデナフィルだったが、臨床試験で被験者が返品するのを拒んだため、質問した所、ペニスが勃起している兆候が見られたのが始まりである。
後に勃起剤としてアメリカでは1998年に、日本では1999年に発売された。

ファイザーのバイアクグラ、100mgの医薬品画像
本来は医薬品の承認前に厚生労働省の長い期間の臨床データが必要なのだが、バイアクグラはスピード承認になった。
アメリカで大ブームになった直後、日本で医薬品を売る為にブローカーが個人輸入で仕入れをし、併用禁忌を説明せずに売りさばき死亡事故が数件あった。

併用禁忌とは、飲み合わせの悪い医薬品の事で、例えばバイアクグラならニトログリセリン系硝酸剤である。
双方とも血圧を下げるお薬になるので血圧を下げ過ぎてしまう危険性がある為です。
この事例から医師の裁量の元、処方薬として急遽発売される事になった経緯がある。

その後バイアクグラは今までの20年間、世界中の人々に愛され続けているお薬なのですね。

日本のEDクリニック店と通販は何が違うのか!?

基本的にバイアクグラは日本国内において処方箋扱いとなる為、医療用医薬品として医師の診察を受けた後に処方されるのが鉄則である。
各地域の病院の内科(泌尿器科)やEDのクリニック店で処方してもらえる。

ただ何故、海外の個人輸入代行の通販サイトで利用する方が多いのかを考えてみました。

  • 病院やクリニック店は出向くのは遠い
  • 他人に知られたくない(プライバシー)
  • 診察の待ち時間がある
  • 錠剤値段以外の診察料や血液検査料が発生する恐れ。
  • 錠剤だけでも通販の方が安い

などの事が挙げられる。

もちろん通販サイトにもデメリットはある。

  • 購入してから到着までに2週間以上かかる事もある。
  • 詐欺サイトに引っ掛かってしまい商品が届かない。
  • 医薬品が自宅まで届いたが、偽物だった。

などが一般的なクレームだ。

どちらが良いかはお客様ご自身の判断です。
このページでは、双方の良い所を取り出して解説していこうと思います。

病院やクリニック店へ行きたい!

やはりどうしても通販サイトは恐い!信用出来ない!方は、日本国内の医師による処方をおすすめ致します。
まずクリニック店などへ行く為には、googleやyahooの検索エンジンを使い「地域名 バイアグラ」と調べてみましょう。
例:「宗右衛門町 バイアグラ」「新宿 バイアグラ」など

ヤフーやグーグルでバイアグラを検索している様子

地域に特化した店舗が検索結果に表示されると思います。
病院やクリニック店などのバイアグラ広告もズラリと並びます。

お好みのサイトを好きなだけクリックしながら見ていきましょう。
閲覧自体に料金は発生しませんし、見放題です。
ただし、スマフォの方などは通信料の上限が決まってる事があるので確認しておくと良いでしょう。(動画ではない限り過度に気にする必要はありませんが、例を上げますと1GBでyahooのトップページが平均して4,654回ほど閲覧が出来ます)

ある程度行きたい店舗を決めたら後は向かうだけなのですが、注意して頂きたいのは行く前に予約などの連絡を入れてみましょう。
その際に「診察料とバイアグラを合わせてどれくらいの料金がかかるのか?」を聞いておくと良いと思います。
バイアグラは50mgで1錠1,500円が相場の価格です。
相場より高いか安いか、診察料と合わせて何処が安いのか比較してみるのも良いと思います。
もちろん電話の応対の丁寧さも考慮した方が良いでしょう。
今の時代EDは広く知られるようになり、さほど気にならなくなりましたがプライバシー医薬品の為に、対応が悪い所は悪意を感じます。
誠意を持った対応をするお店が私は良いと思います。

後は地域の店舗へ行き、診察後、処方されるまで待ちましょう。
忙しく診察の待ち時間が長いケースもあります。
血液検査や謎なED検査をやらされたなどの苦情もあるので、断る時は断る事を念頭に入れておきましょう。

お医者さんが診察をしている様子。バイアクグラ処方に向けてもう少し

さてバイアクグラを入手出来ました。
病院やクリニック店の良い所はなんと言っても当日受け取りですね。
その日、必要になる可能性が出来た場合にすぐに受け取れるので大変便利です。

少し値段は高くなりますが、国内の正規純正品バイアグラが入手出来るので信頼性も高いと言えるでしょう。

2018年4月からは一部の病院やクリニック店でオンライン診療が始りました。
しかし初診の方には適用されず、再診の方のみパソコンやスマフォからテレビ電話機能で診察が受けられます。
診察後はバイアクグラを自宅まで発送してくれます。
4~5日くらいで到着するようなので、今後益々普及していくことでしょう。

販売先の通販サイトを利用したい!

少し不安の材料は多いが、通販サイトを一度利用したら便利で止められないのも、これまた事実です。
不安材料として挙げられるのは、詐欺サイトや偽物を送りつけるサイトが横行している所です。
本来なら楽天やAmazonでバイアクグラを購入したいのですが、日本の法律上それは出来ません。
日本では医師の裁量が強い為、医療用医薬品は処方箋がある場合に限り、購入が出来るのですね。

通販サイトと言っても、海外の日本国内向け日本語の通販サイトを利用するのが一般的です。
つまり特定商取引表示を見ても、全て海外の法人が使われています。
なので、「商品が届かないのではないか?」「届いたとしても偽物ではないのか?」といった不安要素はあります。

しかし、決済の関係上、詐欺サイトをオープンしても銀行振込やクレジット決済、コンビニ決済などの代理店契約を結んでも、すぐに資金を凍結されてしまう為、今の時代は運営が困難です。
あまり見かけなくなりましたね。

バイアクグラの偽物にはご注意!中国や韓国、タイ発送の医薬品に多い!

そして、偽物を掴ましてくるサイトですが、これは中国や韓国に多いようです。
まぁ偽物以外の問題の気もしますが、日本人嫌いな感じが伝わってくるので食品であっても添加物に恐さを感じます。
他にもタイや東南アジアあたりでも偽物が横行しているようですね。
しかし、これらは露店やチラシ・ビラ売りでの話が主で、通販サイトでは中国や韓国、タイに気を付ければ、まったく問題ない。

調査では、入手したサンプルのうち40%が偽造品だった。国内サイト入手分では36%、タイでは48%が偽造品だった。有効成分を調べたところ、正規品の最大用量の1.5倍や全く含まれていないケース、正規品に含まれない物質が入った錠剤もあった。

上記のニュースでは「国内サイト」とあるが、これは国内向けサイトの事で言わば個人輸入通販サイトの事だ。
36%は偽物とあるが、裏を返せば74%は本物という事である。
タイは気を付けた方が良いと思います。
こないだ社会派テレビ番組の未来世紀ジパングでも「タイの偽物ED治療薬が横行」と放映していたのを見ました。

私はクリニックへ行くのが面倒な為、通販サイトを利用する事が多い。
何も問題なく本物が届いているのでご安心下さい。

バイアクグラの国際郵便で発送元が、シンガポールやインド、台湾などは間違いなく本物と見て良いでしょう。
衛生がしっかり管理されている巨大倉庫があり、個人輸入代行の各通販サイトへ卸しているシステムだ。
医薬品の倉庫があり、管理の徹底。巨大な流通システム。

もちろん気を付けた事に越した事はないが、日本の製薬会社も過剰に取り上げすぎだと思う。
ED治療薬は巨大なマーケティング市場の為、海外の個人輸入を陥れた方が売上が見込めるので、上記のような情報が流すが、通販サイトも便利で使いやすいからネット業界から注目されているのであって、過剰な内容をメディアが取り上げる為、消費者が不安がり、消費が冷え込んだり中高年の遠出の通院を助長するものいかがなものかと私は考えたい。

誠意を持った対応をしてくれる通販サイトはいくらでもある事だけは念頭に入れておきましょう。

バイアクグラの正規品をED通販しよう!

私がよく利用している通販サイトは下記になるが、正規品のバイアクグラが届く。
通販の利便性の一つに、国内の含有量以上のものが購入出来る。
例えば国内ではバイアクグラが50mgしかないのに対して通販は100mgも用意している。

そしてその値段も安いのですね。
50mgが4錠で5,400円なので1錠あたり1,350円。
100mgでも4錠5,800円なので1錠あたり1,450円で買う事が出来ます。
大量購入の50mg28錠なら1錠あたり1,215円、100mg28錠は1,305円です。

100mgの良い所はもう一点、ピルカッターで半分にする事で50mgを二つ作る事が出来るんですね。つまり先程の50mgの半額の値段で利用する事が可能なんです。

是非お薦めしたい方法です。

ご購入を希望される方はこちらからどうぞ。

ED薬のバイアグラやジェネリックの通販サイトへ ご注文はこちらから

先程お伝え残しましたが、バイアクグラにはジェネリック医薬品が存在します。
日本国内でもジェネリックのシルデナフィル錠がクリニック店で処方が可能なので確認しておくと良いでしょう。
1錠あたり1,000円くらいが相場なのでジェネリックでも良いと言う方は、こちらも是非お薦めしたい。

通販サイトでは、ジェネリックというよりもコピー品で大人気なのがカマグラゴールドだ。
ジェネリックは特許切れの医薬品を同製法で製造するが、カマグラはインドの医薬品で特許切れ前に製造した言わばコピー医薬品。
ネットユーザの方は、ジェネリックと捉えてる方も多いので説明は省きますが。

インドの特許について詳しく知りたい方はこちら

日本ではカマグラが2016年頃から大ヒットしている。
それはやはり値段の安さでしょう。
1錠あたり50mgでも100mgでも368円~480円で購入が可能です。

その他にも、バイアグラの次にヒットした即効性のレビトラや、長時間作用のシアリスなどもED治療薬として人気が高いです。
日本ではレビトラ・シアリスのジェネリックは発売していないが、通販サイトではジェネリックも多数販売されているので見てみると良いでしょう。

それぞれ長所があるので飲み比べてみると、自分にあった医薬品に出合えると思います。

それでは次号はバイアクグラのジェネリックランキングを掲載したいと思います。
ご閲覧頂きありがとうございました。


著者プロフィール写真

高橋 優一 医療コンサルタント

著者プロフィール

ED治療薬やジェネリックの通販はシニア薬局
運営責任者:高橋 優一

医療コンサルタントに携わる、個人事業主の40歳。

近年、中高年の方が多くのストレスを抱えている事もあり、ED(インポテンツ)やAGA(男性型脱毛症)の発症が著しいように思う。

私自身が同じ悩みを抱えていたものとして、その治療法や解決に少しでもお役に立てたらとサイトを立ち上げました。

初心者の方でも分かりやすく巷で噂の治療薬や最新の医療をお伝えしていけたらと思います。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(2 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。